牧場育ちの次男。

店主:山口亮 の “牛の物語”

ランクでは測れない。
牧場が実家の店長「山口亮」は
生まれたときから牛が常に近くにいる環境で育ち、
今まで牛と共に生活してきました。
その中で良い牛・お肉とはなんなのか・・・を
考え、その中で出た一つの答えが「美味しさはランクでは測れない」
と言うことです。A4やA5のお肉は確かに美しいサシが入っていて
口の中でとろけます。しかし、それはサシの入りかたのランクであり
肉の旨みを表現する表記としては物足りません。
その、「肉の旨み」をお伝えする場所が「牛語~うしがたり~」です。

お料理_上ロース

牛の美味しさを語ることはできません。
これまで培ってきた経験、そして牛に囲まれ育った
この環境は、 店主の間違いない確かなの知識へと
繋がります。育て方、育つ環境、飼育する人、
調理する人、などの全ての工程が見えて
理解できてこそ、信頼のおけるお肉だと考えます。
その考えに基づいて、全てのお肉に自信を持って
皆様に美味しい肉をご提供いたします。

牛を理解出来ないと

牧場育ちの次男。

「牛語」の赤身はすべて店主の実家「山口畜産」から
仕入れています。
ここは、山形県最上町の山間で緑が豊富で
冬には雪に埋もれる大自然の牧場です。
頭数は約3000頭で山形で
3本の指に入る規模の牧場です。
実家だからこそ、全てを把握している信頼のおける
お肉だと言います。

何よりも、店主のお父さんは正真正銘の牛一筋!
そんなお父さんが責任を持って作り上げる
『山形牛』を皆様にお届けします。

牛にストレスを与えず、リラックスできる環境作りに工夫を
凝らしています。

  • 牛が顔を出す飼槽(エサ箱)には
    一切鉄は使わずに“木材”のみを使用します。
  • 一つの群れに入れる頭数を減らし
    広いスペースを確保しています。
  • 鼻輪は一切つけずリラックスした状態を保ちます。
  • 角を切る「除角」は先端だけを切る。
    最低限の処理だけします。

細かい工夫をすることで、牛は本当にリラックスをし、
横にねころがります。

牛が本当にリラックスすると

大自然の沖縄で育てます。

雪解け水をくみ上げる牛専用井戸山口畜産は、沖縄にも牧場を構えておりここでは仔牛を育てています。
非常に恵まれた環境で子牛のころから体を構築し、強い牛に育ちます。
その後、山形の牧場に戻し愛情たっぷりに育てます。

最上牛 焼肉メニューはこちら

この価格でこの質は、今までの物語が無ければ実現しません。
こちらが「牛語」のメニューです。

忘れられなくなる 牛語の焼肉とは

熟成ホルモン

試行錯誤の後・・・

熟成ホルモン

熟成にふさわしいホルモンがある
何度も何度も様々なホルモンで熟成を試した結果
熟成に適したホルモンがある事に気づきました。
熟成することで旨みが何倍にも引き立つのです。
それは、決して上質なホルモンと言うことではありません。
こうして、たどり着いた唯一無二の熟成ホルモンは
リーズナブルに、皆様に楽しんで頂ける一品になりました。

熟成ホルモン

熟成ホルモンとは?

肉を理解してこそ可能になるホルモンの熟成技術。
ここだけの味!

空間をご用意

全席禁煙のクリーンな店内

ロースタ
煙が逃げない特別仕様の焼台

当店は、お食事を存分に愉しんで頂けるように
全席禁煙とさせていただきます。
「焼肉屋で禁煙・・・」と、なかなか珍しいと
感じる方も多いと思いますが、こんなに新鮮で
上質なお肉があるのだから、そのものを美味しく
食べるためには、余計な煙、においはすべて
取り除くことが美味しく食べる為の基本だと
考えています。最近ではこの考えに共感して
いただけるお客様も増えて来ておりますので
本当に良い物を求める方に満足してもらえる環境を
作っていきます。

視界に入る邪魔なダクトを撤去
ロースタ

お店をご案内します

すごい気軽に楽しめるお店なので
ご家族様にも人気です。
色々な使い方もできるんですよ。

Top